兼続 の荷物は 与六 の時と同じ 第8回 謙信の遺言 感想 

景勝 あぐらで、 景虎 が正座なのはなぜだろう。 兼続 の荷物が10年以上たっても同じものとは、ちいさすぎるぞ。 天地人 は舞台調によくなる。とくに 初音 登場シーンにて。

スポンサードリンク

兼続 の荷物は 与六 の時と同じ 第8回 謙信の遺言 感想 

大河ドラマ 天地人 も今日で第8回。 兼続 の蟄居が解け、春日山に帰る。 小泉孝太郎 くんが演じる弟 与七 も一緒に行くことに。ここで気になったのが、妻夫木くん 兼続 の荷物の量。かつて 加藤清史郎 くん演じる与六 が樋口家から出、雲洞庵に向かうとき持っていた

兼続 の荷物は 与六 の時と同じ 第8回 謙信の遺言 感想  の詳しくはこちら

天地人 第7回 母の願い

樋口兼続 (妻夫木聡)は小姓時代を過ごした雲洞庵で蟄居を命じられ己を見つめなおしていた。そこへ弟の 与七 (小泉孝太郎)が訪ねてくる。母 お藤 (田中美佐子)がめまいをおこしたので帰ってきてほしいという。 兼続 は今は己を見つめなおすため、会えないと 与七 にいう。

天地人 第7回 母の願い の詳しくはこちら

後北条氏 障子堀 の 山中城

 山中城 この 山中城 は静岡県三島市にある。 山中城は わたしの城の概念を打ち払ったお城だ。これまでのわたしの城のイメージは門があって、石垣があって、天守閣があってと建物がメインなものだった。しかしこの 山中城 は石垣はなく、土塁と空堀でつくられた

後北条氏 障子堀 の 山中城 の詳しくはこちら

スポンサードリンク

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!