第13回 江戸の母君

大河ドラマ第13回 江戸の母君 ストーリー

スポンサードリンク

第13回 江戸の母君

篤姫(宮崎あおい)を乗せた船は大阪へ向かった。激しい揺れのなか、自分よりも篤姫を守ろうをする幾島(松坂慶子)を見て、篤姫は幾島をとても頼もしく思う。

st13_01.jpg

途中、京都の薩摩藩邸に留まり、養父となる近衛忠熙(春風亭小朝)にあいさつに行く。近衛忠熙は斉彬(高橋英樹)の姉の郁姫の夫である。そこで幾島は老女・村岡(星由里子)から、家祥(堺雅人)は正室を望んではいるが、それは公家の娘からだという話しを聞き、とても驚く。

薩摩では斉彬の参勤が早まったと知り、肝付尚五郎(瑛太)は自分も江戸に行けると思っていたが、斉彬は連れて行くのは西郷吉之助(小澤征悦)であると尚五郎に言い、意気消沈する。そんな尚五郎を見た小松清猷(沢村一樹)は斉彬の目は節穴ではなく、薩摩に残す者は薩摩に必要な者だからだと諭す。

江戸の薩摩藩邸に入った篤姫は斉彬の正室である英姫(余貴美子)にあえない日がつづいていたが、反物やお菓子を英姫からもらっていたので、やさしい方だと篤姫は期待を膨らませていた。

ようやく、英姫との対面することになる。部屋に通されたが英姫は御簾ごしで、分家の姫が徳川将軍の御代所になれるはずがない。斉彬がひとり勝手にすすめていることでかなうはずがない、と冷たく言い放ったのであった。

あまりのことに理解ができず、取り乱す篤姫に幾島は主の篤姫のため必ずや事の真相を突き止めると言い、固く決意するのであった。

▽第13回 江戸の母君 のキーワード

▽次の記事、前の記事

天璋院篤姫展に行ってきた・番外編1 | 天璋院篤姫展に行ってきた・番外編2

スポンサードリンク

天地人と天璋院篤姫、龍馬伝:新着記事

秀忠遅参 小早川 裏切り そして 遠山康光
関ヶ原の戦い 西軍 負けて、 三成 捕らえられる。 小早川秀秋 裏切り で 西軍大敗 。 大谷刑部 も 島左近 も死んで、 宇喜多秀家 善戦むなし。毛利勢は微動だにせず。
直江状 いったい 何通 書いたの?
直江兼続が直江状をしたため家康に対抗。激怒した家康は上杉討伐のため、会津に10万の軍勢とともに出兵。しかしそのころ石田三成が大阪で秀頼を奉じて挙兵。天下は混沌としてきた。
坊主頭 小栗 三成 わらじ 作ってるって・・
福島正則 らが 三成 を討つため挙兵。そして 石田三成 は 近江 佐和山城 へ蟄居を命じられる。今回は 家康 頭 こぶ は隠されずに見えてました。 兼続 は 三成 に会いに行き、今後のプランを立てる。友情を再確認する二人だが、それが今生の別れとなる。
福山雅治 龍馬 ポスター 初披露
2010年 大河 龍馬伝 主演 福山雅治 が初めて 龍馬 姿の ポスター 披露!結構決まってます。
上杉 国替え 回想シーン いいね〜
上杉が越後から会津へと国替え。徳川家康を抑えるためだが、家臣団は納得せず。秀吉はどうやらもう長くはないらしい。仙桃院は謙信遺がいとともに越後に残ることに。
兼続 執政 に 上地 秀俊 うろたえる 初音 久々登場だね
関白 秀次 謀反の疑いで切腹。 秀次 家族も全員処刑。すべては 秀吉 の命だった。 兼続 は豊臣家の独裁政権に限界を感じ、 三成 に合議制で国を治めることを提案。 五大老五奉行制 の基礎ができる。しかし、秀吉が倒れ・・
来週は 上地雄輔 登場!北政所 と 淀殿 の戦い
女の戦い 北政所 対 淀殿 。深田恭子 淀君 いい感じです。鶴松 亡くなり 茶々 を励ます 景勝 妻 菊姫。来週は 小早川秀秋 役 上地雄輔 登場。関ヶ原の戦いでの重要なキーパーソン
兼続 景勝 前髪あげたね 千利休 切腹 天地人
兼続 景勝 の髪型が変わった!天地人 今日も見ました。兼続 の赤い束帯さまになっていましたね。茶々とねねの女のあらそい。秀吉の親ばかぶり。菊姫の景勝への思い。
天地人 伊達政宗 が 死装束 で秀吉のもとへ参陣
天地人 秀吉 が小田原の北条氏を倒し、天下統一を達成。伊達政宗が死装束で秀吉のもとへ参陣。もう少し遅ければ政宗の首が飛んでいたと語る秀吉。政宗が来たことに驚く家康。天下を狙うのはもう少し後になった。
龍馬伝 お龍役は 真木よう子 !キャスト発表
2010年NHK大河ドラマ 龍馬伝 福山雅治 以外の主要キャストが発表。竜馬の愛妻 お龍役は 真木よう子さん、あとは 広末涼子さん 要潤さん、佐藤健さん、香川照之さん、大森南朋さん、貫地谷しおりさんが決定。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!