天地人 第三章 師と弟子 謙信との最後の語らい - 天地人 上 火坂雅志

火坂雅志さんの天地人 上巻を内容、あらすじ等を抜粋し、記載。

スポンサードリンク

天地人 第三章 師と弟子 謙信との最後の語らい

謙信 は出陣した。能登にある 七尾城 を攻めていた。 景勝 率いる 上田衆 の中の 泉沢又五郎久秀(いずみさわまたごろうひさひで) という者がいる。 泉沢久秀 は 与六兼続 とは 景勝 の小姓仲間である。

天地人 第三章 師と弟子 謙信との最後の語らい の詳しくはこちら

天地人 第二章 謙信動く 喜平次景勝 と 三郎景虎

与六兼続 は 川中島 から 春日山城 に戻ってきた。 謙信 は 実城(みじょう)にいるという。 毘沙門堂 に籠もっている 謙信 。戦が近いと 与六兼続 は思った。そして 兼続 は 中城(なかじょう) と呼ばれる 喜平次景勝 の住まいを訪ねた。

天地人 第二章 謙信動く 喜平次景勝 と 三郎景虎 の詳しくはこちら

天地人 第二章 謙信動く 兼続、謙信 との初めての出会い

 樋口与六兼続 、後の 直江山城守兼続 は 永禄3年(1560)年、坂戸(現在の南魚沼市)の城下で生まれた。当時の坂戸城主は 上田長尾家の一族、長尾政景(まさかげ) であり、 与六兼続 の父、 樋口惣右衛門 はこの 長尾政景 の下で家老を務めていた。

天地人 第二章 謙信動く 兼続、謙信 との初めての出会い の詳しくはこちら

スポンサードリンク

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!