井伊直弼大老就任 - 宮尾登美子 「天璋院篤姫 ・上」

宮尾登美子さんの天璋院篤姫 ・上巻の内容、あらすじを抜粋し、記載した。

スポンサードリンク

井伊直弼大老就任

継嗣10

そのような中篤姫の心の中にはひとつの疑いが大きくなりつつあった。それは養父斉彬は将軍に子をつくる能力がないのを知っていてあえて篤姫をここ将軍家へ送り込んだのではないかという疑念だった。

井伊直弼大老就任 の詳しくはこちら

滝山喜ぶ

継嗣9

篤姫は黙って考え続け、幾島も思案なくいると、唐橋に促され本丸にかえったが、篤姫は食欲もなく夕ご飯も手がつけられなった。

滝山喜ぶ の詳しくはこちら

滝山の訴え

継嗣8

年頭の余興の日、家定は篤姫に自分は将軍職を降りて、静かに暮らしたいと泣きながら篤姫に言い、その後、家定が篤姫のもとに通ってきても体力が弱り、気力もなく、すぐに寝てしまうということが続いた。

滝山の訴え の詳しくはこちら

スポンサードリンク

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!