珠玉の輿 篤姫の乗物 を 江戸東京博物館 で見てきた・番外編 - 両国の江戸東京博物館にて

両国の江戸東京博物館の天璋院篤姫展と江戸の乗物 珠玉の輿展を見に行っての感想と両国のちゃんこを食べた感想。

スポンサードリンク

珠玉の輿 篤姫の乗物 を 江戸東京博物館 で見てきた・番外編

珠玉の輿展 を見終わり、さぁ両国ならちゃんこでしょ!と今回もちゃんこを食べに行こうということになり、前回 篤姫展 のでは ちゃんこ江戸沢 に行ったので、今回はちがうところにと携帯でぐるなびで調べたところ

珠玉の輿 篤姫の乗物 を 江戸東京博物館 で見てきた・番外編 の詳しくはこちら

珠玉の輿 篤姫の乗物 を 江戸東京博物館 で見てきた・4

そして 珠玉の輿 第4章 和宮と輿 のコーナーへ。 輿 はその2でご説明したように 駕籠 との違いは上部に家型の乗車部があるものだ。 輘輿(えんよ)が展示されていた。これは和宮所用で明治期に

珠玉の輿 篤姫の乗物 を 江戸東京博物館 で見てきた・4 の詳しくはこちら

珠玉の輿 篤姫の乗物 を 江戸東京博物館 で見てきた・3

次は第二章 大名と乗物 のコーナーに移動する。なんでも大名も自由に乗物にのれたわけではなく武家諸法度により規制があったとのこと。 津山藩松平所用輿 があった。通常大名が使用するのは 駕籠 だが、許可により 輿 を使用できたとのことだ。

珠玉の輿 篤姫の乗物 を 江戸東京博物館 で見てきた・3 の詳しくはこちら

スポンサードリンク

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!